離婚しても親の果たすべき義務。それが養育費です - 養育費を払ってもらうには

離婚しても親の果たすべき義務。それが養育費です

離婚しても親の果たすべき義務。それが養育費です

愛し合って結婚した二人でも、些細なボタンのかけ違いや浮気などの反則行為が長年続くと復元できなくなり、離婚という結末もあり得ます。
離婚で問題になるのが慰謝料や財産分与などですが、子どもがいる場合、親権のほか養育費も大きな協議テーマとなります。
ここでは養育費とは何なのか、いつまでが期限なのか、額はどうしてきまるのか、違反したらどうなるのかなどを調べてみました。
そもそも養育費とは、離婚した時に未成熟の子どもがいた場合、その子どもが経済的・社会的に立派に独り立ちできるまでに必要なお金のことを言います。
具体的には、生活費や教育費、医療費などですが、子どもが最低限、幸せに暮らせるだけのお金をサポートすることは親の義務とされます。

「そんな養育費なんて払うだけの経済的余裕はないよ」と言って、支払いの義務から逃れようとする親もいます。
離婚はしても親は親ですし、未成熟の子どもに対する扶養義務からは逃れることはできません。
では、養育費の分担金はどのようにして決められるのでしょうか。
基本となるのは父親および母親の職業や収入、資産などですが、双方が話し合って最適な金額、支払方法を決定します。

しかし、親権などがからんでくると円満に話し合いで決着できないケースが出てきます。
そのような時は、家庭裁判所に調停を依頼することになります。
調停離婚は近年になって徐々に増えてきていて、離婚件数全体の1割を超えています。
夫婦間で書面に残さず口頭で養育費のことを取り決めても、相手が支払いを滞らせたり、無視してきた場合、裁判所に不服を申し立てる根拠がありませんから、家庭裁判所できちんと細部にわたって合意し記録を残しておくことは有効です。

ところで、養育費は子どもが何歳になるまで支払う義務があるかということですが、父親と母親の話し合いで決めることができます。
家庭裁判所の話によると、一般的に、「高校を卒業するまで」や「大学を卒業するまで」「成人するまで」を期限とすることが多いそうです。
離婚は夫婦の問題であり、子どもに何の罪もありません。
自立できるまで温かく見守り、できる限りの養育費負担を実行することは、親の最低限の義務といえるでしょう。

悲しいことに義務を怠る親もいるのも現実です。
どんな状況になろうとも血を分け合っているのだから、親同士が別れたとしても関係が切れたわけではないのできちんと支払うべきです。

なぜなら、子供が自立し働き自分で生計をたてられるようになるには、20歳以上が妥当です。
子供を引き取った方の親は、子供をみていない親からもらう養育費の金額よりも当然お金はかかります。
養育費をもらえないために生活が苦しくなり、生活保護受給者になり得る可能性が増します。
片親ですから、状況が一変することが起きると対応できなくなります。

例えば、会社の倒産や病気によって収入著しく減ってしまったために生活が困難になるなどです。
養育費を払わない方は、自分のことだけしか考えていない身勝手な親です。
大人(親)になる覚悟がないのに子供を産んだのがそもそもの原因ではありますが、とにかく責任を果た させなくてはなりません。

夫の居場所が分からない、妻の居場所が分からない、勤務先が分からないでは支払ってもらえません。
そんなときに便利なのは、宮城県仙台市にある興信所や探偵と呼ばれる調査機関です。
責任を取らせるためにも段階を踏んで行う必要性があります。
借金と同じで、相手の居場所を知り、請求をしないとあのとき慰謝料をもらっていれば、こんなに辛いお思いをしなくてよかったのかもとずっと脳裏につきまとうとストレスがかかります。

一昔前なら、サラリーマンで定年まで勤めた場合の総支給額が3億円で子供1人を20歳にするまでに3000万円、今では総支給2億円で子供1人4000万円といわれている厳しい時代です。
賛同いただけた方はツイートしていただけるとうれしいです!!
このことからもわかるように、子供を育てるのには時間と大金が必要となります。
逃げ得だけは絶対にさせたくないため、詳しい内容をこのホームページにつづっていきます。

その他、探偵はどんなことをしてくれるのかを知りたい方は、仙台の探偵事務所ブログを拝見してみては如何でしょうか?
養育費を払ってくれない夫の居場所がわからない場合は、居場所を知るのに便利な情報が記載されている下記をクリックしてください。

GPSレンタル

今後も離婚件数は増加する傾向にあるため、養育費問題の最新情報を配信していければと考えています。
子供には何の罪もないので養育費未納問題でお悩みの方が少しでも減ることを考えています。